HAIR STAGEー ヘアステージ ー

ヘアステージ

TWBCでしか見られない夢のコラボレーションが実現。最新ファッションとの融合やSNSを活用した新ステージ、NYLON JAPANとのコラボなど企画も多彩な10ステージ。刺激的なひと時をお楽しみいただけます。誰もが見たいトップスタイリストの感性を肌で感じてください。観て、感じて、体感し創造性をさらに進化させてください。ヘアデザインの可能性は無限です。ヘアステージは未来を刺激的に創造し、その感性はトータルビューティそのものであることを証明します。

  • A3-01

Welcome to the New World

  • 10月3日(月)12:00~13:00
  • ¥6,000
  • 800名
  • 展示ホール1F A

日本を代表するヘアアーティスト率いる人気サロンが自由なクリエーションを表現するドリームステージ。
かつて見たことのない、経験したことのないヘアアーティストたちの新たな試みです。そこは圧倒的なクリエーションを目撃する場となります。
そしてデザインし続ける事、クリエイトし続ける事の大切さを知ることでしょう。

詳細を見る
  • A3-03

Happenings

  • 10月3日(月)17:00~18:10
  • ¥6,000
  • 800名
  • 展示ホール1F A

MODE/CREATIVE/EDGE... そんな使い古された代名詞を撃ち破るアクションが見たい。当たり前を否定し、自らの力で「想定」を覆す。
みんなの目の前で「Happenings」を起こしてください。
「衝撃的」を目撃させてください。そして私たちに刺激と未来を創造する楽しさを教えてください。

詳細を見る

CAST:

  • D3-01

Coming Up REAL tokyo Day-1

  • 10月3日(月)13:15~14:15
  • ¥5,000
  • 500名
  • 会議センター3F ヘアステージ会場D

今の TOKYO をクリエイトする TOP ARTIST たちのこれが REAL です。
普段はみせることのない、モノを創造するという行為の裏側をも観せてゆくドキュメントステージです。
彼らは今何を見つめて、何を想い、そして未来に何を問いかけるのか。真実だけを語るステージ。それが「Coming-Up REAL tokyo」です。

詳細を見る

CAST:

  • D3-02

Noborder

  • 10月3日(月)15:45~16:45
  • ¥5,000
  • 500名
  • 会議センター3F ヘアステージ会場D

この世界にボーダーなんてない。すべては繋がっていて本来そこに隔てるものは存在しない。
このステージが目指すものは「Freedom」。そこから生まれる作品や空間を通して「Noborder」というメッセージを表現します。
巧みの職人たちがボーダーを乗り越えた時、そこにはどんな未来図が開けるのでしょうか。

詳細を見る
  • D3-03

Scissors Beat

  • 10月3日(月)17:30~18:30
  • ¥5,000
  • 500名
  • 会議センター3F ヘアステージ会場D

アーティストのファッションとヘアスタイルは音楽や世代を語るライセンスでした。
そこに流行が生まれる。Rock と共に時代は Beat を刻んできました。
Men'sはこうあるべき、という固定概念をうち破る理美容 Rock Battle 互いがぶつかり合う時、ステージには聞いた事のない Beat が刻まれ始めます。

詳細を見る

CAST:

  • A4-01

SUB-CUL MANIA

  • 10月4日(火)10:00~11:10
  • ¥6,000
  • 800名
  • 展示ホール1F A

日本のサブカルチャーは世界で常に注目を集めています。けれどそれがリアリテイを持つと素人のクオリティというイメージが拭い去れません。
サブカルというコンテンツは日本を代表するトップサロンのクリエーションで Fashion に昇華するのか。
「仮想現実」と「プロフェッショナルビューティ」のコラボレーションです。

詳細を見る
  • A4-03

NYLON × TWBC

  • 10月4日(火)15:15~16:25
  • ¥6,000
  • 800名
  • 展示ホール1F A

人気ファッション誌『NYLON』が『TWBC』をFASHIONとBEAUTY でプロデュース。NYLON で活躍するモデルと人気ヘアサロンがヘアメイク、ファッションをトータルで共同作業。さらに“カワイイ”を生み出すインフルエンサー、会場のお客様もインスタグラムで参加。今と未来のカワイイが一堂に会します。

詳細を見る

CAST:

  • D4-01

Coming Up REAL tokyo Day-2

  • 10月4日(火)11:30~12:30
  • ¥5,000
  • 500名
  • 会議センター3F ヘアステージ会場D

今の TOKYO をクリエイトする TOP ARTIST たちのこれが REAL です。
普段はみせることのない、モノを創造するという行為の裏側をも観せてゆくドキュメントステージです。彼らは今何を見つめて、何を想い、そして未来に何を問いかけるのか。真実だけを語るステージ。それが「Coming-Up REAL tokyo」です。

詳細を見る
  • D4-02

I had a dream

  • 10月4日(火)14:00~15:00
  • ¥5,000
  • 500名
  • 会議センター3F ヘアステージ会場D

女性スタイリストには男性と異なった感性を感じます。そこにあるのは ...『小さな頃から美容師になるのが夢だった』という想い。
[記憶]と[夢]と[未来への希望]を込め、次の世代に夢を繋いでゆくスイートなステージです。

詳細を見る
  • D4-03

Get In Action

  • 10月4日(火)15:45~16:45
  • ¥5,000
  • 500名
  • 会議センター3F ヘアステージ会場D

決められた台本や、事前に考えたものを造る行動から自由になり気持ちや衝動に従ってみる。それが直感力。
未来が見えづらい現代に直感を磨く事は、アーティストの重要な能力を引き出す手段です。
直感、応用、 技術、知識、を備えたヘアアーティストが直感力の重要性を解説し、与えられた素材を直感でクリエイトします。

詳細を見る

PEEK-A-BOO
代表
Fumio Kawashima 川島 文夫

1971年ロンドンのヴィダルサスーンに参加。アーティスティックディレクターとしてフランス、イタリア、日本と広範囲にわたりヘアショーに出演。1975年に帰国後、各地でデモンストレーションやセミナーを開催。1977年、東京・表参道にPEEK-A-BOOをオープン。日本各地での、国際舞台でのヘアショーやデモンストレーションの機会も多い。サロンは現在都内に9店舗を展開し、スタッフ数は300名を擁する。サロンのアカデミーでの技術指導から、作品撮影、各種ステージワークと広範囲に活躍中。

SHIMA
SHIMA HARAJUKU アートディレクター / ヘアメイク
Yuya Nara 奈良 裕也

サロン活動とあわせて、ファッション誌の撮影やHair Show出演の他、ヘアメイクとして国内外のアーティストやセレブを手掛け、カタログやコレクション等でも活躍中。

HEARTS/Double
代表
Koji Yamashita 山下 浩二

1994年東京原宿に『HEARTS』をオープン。2001年表参道に『Double』を出店し 現在では、『HEARTS』『Double』の2ブランドを展開中。山下流デザインのカットテクニカル、独自に開発したレザーカットを用い卓越した似合わせのスペシャリストとして、顧客のみならず同業者である美容師からの信頼も厚く、名高い人気を誇る。著書に『山下浩二のたねあかし』(髪書房)『山下浩二のカットの本』(新美容出版)がある。

DADA CuBiC

私たちは「DESIGN」「STYLE」「QUALITY」を大切にしています。ナチュラルからクリエイティブまで、時代性に合わせた新しい美しさを追求して…確かな技術から生み出される、洗練された質の高いデザイン。 カッターとカラーリスト、それぞれの感性から引き出されたイメージをヘアデザインにのせ、皆さまの元へお届けします。

古城 隆

DaB

「COOL COUTURE」をサロンコンセプトに、秀逸なテクニックを誇るデザイナーが織り成す個性派モードスタイルを得意とする。「エキスパート」の意味をもち、その集合体であるDaB。独自のカラーを放つクリエーションでパーソナルデザインを発信し続けている。

澤野 秀樹

MINX

1985年設立。以後日本のアバンギャルドの先駆者として精力的に活動を展開。数々の賞を受賞。2000年には[Global Beauty](日本の美容文化が世界に…)をテーマに掲げ、アジア・世界へと創作の場を広げる活動を開始し、現在スタッフ200名。青山店・原宿店・下北沢店・銀座店・Darling銀座店の5店舗を展開。

池戸 裕二中野 太郎
松下 ひとみ

LIM

創業31年。スタッフ数150名。各サロンが異なるコンセプトと店名を掲げ大阪、東京に計12サロン。海外事業ではシンガポール、ロンドンに計5サロンを展開中。各地で技術講習・講演活動や出版。業界・一般紙の撮影。ショー、舞台、ブライダルなどのヘアメイク。自社のヘアケアプロダクツなどの開発や、他業種とのコラボレーションによるイベント開催など、《人を美しくできる人を作り世界を変える》を理念に活動の幅を大きく広げる。

密山 京河木村 太一
京里

CLARICA & STRAMA, DRAKES TOKYO, DRAKES TOKYO, ViV la plante, DRAKES TOKYO STORE
代表
Nagahide Toyoda 豊田 永秀

2005年代官山『STRAMA』オープン。2011年南青山『CLARICA & STRAMA』オープン。翌年にはSTRAMAを南青山に拡張移転。ひとクセある高感度なデザインに定評があり、サロンワークを中心にDRAKES TOKYO(植物・家具販売、サロンマネージメント、グラフィックデザインなど)の代表としても活躍中。

macaroni coast
代表
Yasuhito Nakazawa 中澤 保人

東京都出身。山野美容専門学校卒業。1991年SHIMA入社。1995年DaBのオープニングメンバーとして参加。
店長・取締役を経て2010年に自身のブランドmacaroni coastをオープン。現在は代表としてサロンワーク、撮影、メンズアパレルブランドのディレクション等、幅広く活躍中。ミュージシャンやアーティストのヘアも数多く手掛けている。

MAGNOLiA
代表
MARBOH MARBOH

1974年生まれ、日本美容専門学校卒業。2008年にMAGNOLiAを表参道にオープン。
日本全国で美容師向けセミナー講師を務める他、テレビ、雑誌に多数登場。化粧品メーカーとヘアケア製品の開発にも常に携わる。文化人、デザイナー、アスリートや音楽家からも支持を受けている。また2016年6月に原宿店オープン。

ABBEY
代表取締役
Hideki Matsunaga 松永 英樹

有限会社アビー 代表取締役。2002年原宿に「BAPECUTS」をOPEN。2007年表参道、北青山に「Abbey」OPEN。2012年丸の内仲通りにMEN'S SALON「WLT CUT CLUB」をOPEN。2015年「Abbey」を「ABBEY」に変更し、南青山へ拡張移転。サロンワークを中心に、一般誌・業界誌の撮影、全国各地でのカット講習、カラー・パーマなどのトレンド技術講習会、メーカーのパンフレット撮影、商品開発、セミナー講師など広範囲で活躍中。

ASCH
代表
Hiroyuki Obayashi 大林 博之

ヨーロッパ最大級・世界のビッグネームによるワンマンショー(ドイツ)に、アジア人として初めて招聘され、2500人の観衆からスタンディングオベーションで称えられ過去最高の評価を得る。国際的には、ICDアジアリージョンファッション委員長・ICD日本副会長を務め、世界のニューヘアモード制作のリーダーとして活動。国内では、NHDK創作設定委員長を務め、サロンワークとデザインワークを両立しモードの発信を続けている。

HONDA PREMIER HAIR INTERNATIONAL
HONDAグループ代表取締役CEO
Seiichi Honda 本田 誠一

神奈川県下に独創的なトータルビューティーサロンを5店舗経営し、現STAFFと共に個性あるセミナー活動を行い理美容の人格・技術の向上・業界コスメ、器具の開発に参画。2010年神奈川県「技の達人」を受賞。2011年厚生労働大臣より「現代の名工」を受賞。2013年業務に精励し民衆の模範たるべき者に授与される「黄綬褒章」を受章。その表現力・発想・カット理論は世界から高い評価を得ている。

MASA HONDA
HONDA PREMIER HAIR INTERNATIONAL / HONDA PREMIER WORKS代表取締役

ROOTS
ディクレター
Takako Kato 加藤 孝子

都内3店舗を経て独立。2003年に渋谷公園通りにROOTSをオープン。
『Be Free』をサロンのコンセプトにし、従来のスタイルにとらわれず、常に新しいスタイルを発信する提案型サロンとして展開。現在サロンワークを中心に、一般誌、業界誌、TVのヘアメイクなどで活躍。また、多数のセミナーの講師を務めるなど幅広く活動中。確かな技術と明るい人柄で男女問わず多くのお客様を魅了している。

KINOSHITA GAIEN EAST STREET
代表
Hiroaki Kinoshita 木下 裕章

明治27年創業の日本屈指の老舗ヘアサロンの 五代目。多くの著名人を顧客に持ち、サロンワーク以外でも様々な分野で活動の場を増やしている。ロジカルなマニュアルつくりには定評があり、セミナー回数は年間80回を超える。
得意のメンズでは海外でも好評を得ており、アジア人初のインターナショナルアメリカンオールスターズ入りし、2008年からはアメリカでコレクションを担当。

MEN'S GROOMINGSALON BY KAKIMOTO ARMS
メンズグルーミング ディレクター
Hironori Nagato 長戸 寛典

2007年に設立したkakimoto armsのメンズ専門サロン「MEN'S GROOMINGSALON BY KAKIMOTO ARMS」の設立当初より責任者として携わり、現在3店舗を総括している。
サロンワークでは多くのVIP顧客に支持され、またヘアショー、雑誌撮影、商品開発等幅広く活躍中。

JUNES
代表
BOWE BOWE

1980年JUNES入社。1996年早稲田にメンズオンリーヘアサロンをプロデュースし2002年に原宿初の、メンズオンリーヘアサロンを出店。現在は都内6店舗のメンズ専用サロンを運営。また業界誌、一般誌の撮影、セミナー講師、メンズプロダクツ開発に活動し格闘家のヘアスポンサーなども手掛ける。現在、MEN'S CLUBオンラインページで業界人ブログコーナー担当。
http://blogs.mensclub.jp/bowe/

JUNES
代表
BOWE BOWE

1980年JUNES入社。1996年早稲田にメンズオンリーヘアサロンをプロデュースし2002年に原宿初の、メンズオンリーヘアサロンを出店。現在は都内6店舗のメンズ専用サロンを運営。また業界誌、一般誌の撮影、セミナー講師、メンズプロダクツ開発に活動し格闘家のヘアスポンサーなども手掛ける。現在、MEN'S CLUBオンラインページで業界人ブログコーナー担当。
http://blogs.mensclub.jp/bowe/

TAYA
クリエイティブチームチーフディレクター
Masayuki Okawa 大川 雅之

クリエイティブチームのチーフを務める傍ら、数多くのタレント・モデルのヘアメイクを担当。一般誌・業界誌問 わず数多くの表紙も担当。テレビやラジオ等のメディアにも出演するなど幅広く活躍中。元プロボクサーというユニークな経歴を持つ。
好きな言葉は「Don't think feel・・・」

kakimoto arms
チーフディレクター
Tomohiro Kobayashi 小林 知弘

現在青山店のトップスタイリストであると同時に、kakimoto arms全体のスタイリスト責任者として、多くのセレブリティー顧客の支持とスタッフからの信頼を集めている。またサロンワークはもとより多くのヘアショー、雑誌撮影、広告撮影、セミナー等幅広く活躍中。

apish
apish CEO
Tetsuya Sakamaki 坂巻 哲也

1998年≪apish≫設立。原宿・表参道・青山・銀座に5店舗を設立。
2015年川崎に≪apish COLOR TERRACE≫を設立。
2016年3月に7店舗目になる≪apish coco≫を設立。
サロンは常に超満員。サロンワークを中心に、ヘアショー、TV出演、撮影、セミナーで幅広く活躍している。

AFLOAT
CEO
Hiroki Miyamura 宮村 浩気

2000年4月念願のサロンafloatを設立。
現在サロンワークでは、女心をくすぐるスタイルを常に提案し、【女性を必ず綺麗にする】をモットーにしている。ヘアはもちろん、メイク、ネイル、ヘッドスパなど、美に関連するトータルビューティースペースを提供している。また、一般誌・CM・TV・ポスター・業界誌等、ヘアメイクでも活躍している。数多くのタレント・モデルからの信頼も厚く、公私にわたりヘアーメイク一切を任されている。また業界内でも、業界誌、セミナー、ヘアーショー等幅広く活躍中。


鈴木 達也


井上 紗矢香

AFLOAT

東京(青山・表参道・銀座)、名古屋(栄通り)から流行を発信し続ける美容室AFLOAT(アフロート)。
全ての女性を可愛くする世界一のカリスマ美容師集団が最新のヘアスタイルを提案し、一人ひとりのお客様に合わせて外面だけでなく内面からもキレイでカワイイを。

志賀 功祥

air-AOYAMA

有名タレント・モデルが通うトップヘアサロンair。
air(麻布十番・青山・銀座・新橋・大宮・大阪・神戸・福岡)とLOVEST(青山・二子玉川・銀座)そしてお母様とお子様だけの空間Mammy Private Salon by air(麻布十番・大阪)を展開。さらにネイルやエステと、トータルビューティーをお客様にご提供いたします。


武藤 里奈

保科 真紀

uka

uka とは、さなぎが蝶になる「羽化」のこと。
女性も男性も、ひとりの大人としてより美しく輝き、蝶たちが花から花へと受粉の手伝いをするように世の中に美を広める存在になっていけたら。そんな願いがukaというネーミングに込められています。
サロンのコンセプトは「うれしいことが、世界でいちばん多いお店」。

中野 倫宏

飯田 利教

CIRCUS by BEAUTRIUM

"サーカス"それは、訪れるたびに新しい「ドキドキ」「ワクワク」をくれる場所。2008年 BEAUTRIUMよりオリジナリティーに溢れたヘアデザイナーを集結し、様々なシーンを彩るべく「CIRCUS by BEAUTRIUM」が誕生。2016年2店舗目となる表参道店がオープン。トレンドに敏感な層をターゲットとし、エッジの効いたヘアデザインを提案するサロンである。

vetica
ディレクター
Soichiro Uchida 内田 聡一郎

1979.8.30 / 美容室veticaクリエイティブディレクター / 神奈川県出身 /
美容室1店舗を経て、VeLOオープニングスタッフとして参加し、店長兼ディレクターを経た後、2009年にVeLOの姉妹店となるveticaのクリエイティブディレクターに。サロンワークをはじめ一般誌から業界誌、セミナー、数々のミュージシャンやアイドルのヘアメイク等、幅広く活躍。2015年には同店が移転拡張し今後さらなる活躍が期待されている。またプライベートではDJ活動もしており、都内クラブでの活躍も見逃せない。

otope
代表
Sayaka Ura 浦 さやか

長崎県出身。
FLOWERSディレクターとして一般誌から業界誌、ヘアショー、セミナーに至るまで幅広く活躍し、ずば抜けたセンスと独自の感性で他にない新しいヘアデザインを発信。
2015年にはFLOWERSのセカンドブランドとなるotopeをオープンし代表に就任。日々、クリエイティブと創作への追求をしている。

GARDEN
GENERAL PRODUCER
Yoshiki Kono 河野 悌己

センス・マインド・技術すべてのバランス感覚に優れ、美容を楽しみ、人間関係を楽しむスーパーポジティブな才能の持ち主。美容の枠にとらわれない発想で、常に美しく先端のスタイルを提案し続けている。NYと日本でのサロンワークをベースに多岐にわたり活躍する。

Ash
Ash高円寺店長 クリエイティブディレクター
Wacaco Wacaco

サロンワークをベースにファッション誌、業界誌、ヘアショーで活躍。
世界最大のヘアカットコンテストUDCで2012年グランドチャンピオン他コンテスト受賞多数。トレンドを取り入れた「似合わせ」を組み込んだトータルビューティーが得意。

ACQUA
ACQUA omotesando副店長
Ayaka Sera 世良 綾花

1985年広島県出身。広島県理美容専門学校卒業後にACQUA入社。
現在はACQUA omotesando副店長を勤める。一般誌、業界誌・ヘアショー等を担当するなど、業界内外から信頼が厚い。

Of HAIR
オブヘア銀座店 店長
Erika Shibata 柴田 英里佳

CM撮影のヘアメイクから業界誌・一般誌ともにスタイル作品の撮影の仕事を多くこなしながら、オブヘア最新店舗の店長としてスタッフの厚い信頼を集める。
高い技術でヘアショーの仕事にも定評があり、代表:古里オサムも海外でのステージには必ず同行させている右腕的存在。

artifata
店長
Mami Haraga 原賀 まみ

2013年にアルティファータ店長に就任。美容師の職業をコヨナク愛し、サロンをコヨナク愛す、その直向な姿勢がサロンの成長の一翼を担う第3代目店長である。得意なヘアスタイルは、傷みを最小限に抑えるカラーと「洗練されたコンサバティブ」。マイペースながら、お客さま第1の優しさと、原賀独特の空気感に癒されるお客さまで本日もサロンは賑わっている。仕事一筋で結婚相手を探し忘れていたことが最近の気がかり。

QUEEN'S GARDEN by K-two
Art Director
Midori Taniguchi 谷口 翠彩

1987年福岡県出身。大村美容専門学校出身。
2009年(株)K-twoエフェクトに入社。
2013年QUEEN'S GARDEN by K-two GINZAのオープニングスタッフとして参加。
2014年スタイリストデビュー。
2016年アートディレクター就任。
サロンワークを中心に、K-twoグループのビジュアル担当チームのメンバーとして参加。一般誌、業界誌、を中心に活躍中。ガーリーで柔らかい世界観を作るのが得意。

FEERIE
代表
Tadao Arai 新井 唯夫

ヘアーサロンやエステティックサロンでのサロンワークの他、美容専門誌やテレビ番組に出演する人気美容師。日本エステティック協会 認定エステティシャンの資格を持ち、日本アロマ環境協会(AEAJ)認定アロマテラピーアドバイザーでもある。銀座やベイエリアにトータルビューティサロン「FEERIE」を6店舗展開し、「N.B.A.A.」(プロフェッショナル向け美容ツール)「TADAO ARAI」(アロマオイル・アクセサリー・和服・ドレス他)の販売も行う。

imaii
代表取締役社長
Masahiro Arimura 有村 雅弘

鹿児島県出身。1979年imaiiへ入社。技術の技術の総責任者として、サロンワークを中心に雑誌、ヘアショーで活躍。2016年4月より代表取締役社長に就任。刺激的なヘアデザインを業界内外の幅広いフィールドに向けて発表し続けている。

HEAVENS
代表
Atsushi Komatsu 小松 敦

1959年山形県鶴岡市生まれ。一般誌・業界誌のヘアーデザイン作成や海外国内のヘアーショー・デモストセミナーなどのステージワーク、独自のデザインスキルのプレゼンなどのトークセミナーから、美容師が行うヘアカタログ撮影のフォトシューティングセミナーなどを全国で開催。各地で開催されるコンテストの審査員も多く担当。他に大手化粧品メーカーの製品開発アドバイザーやシザーやブラシなどのプロダクツ企画などサロンワーク以外でも活動。1999年、2000年JHA受賞。2016年よりJHA審査員。

ANTI
代表
Toshiyuki Komatsu 小松 利幸

女性像と共に進化するデザインを追求し、独創的感性で独自の進化を遂げた技術には新たな可能性を産み出す。『ヒラメキは無限の可能性を人に与え、新たな感動を創りだす』をモットーにANTIの表現世界を拡げている。

スタイリスト
Keisuke Baba 馬場 圭介

1958年熊本生まれ。
1984年26歳で渡英。
1988年帰国。スタイリスト大久保篤志に師事。
1989年独立。
2004年nano universe と始めたブランド“GB”のディレクターとデザイナーを兼任。
2011年自身がディレクターを務めるブランド“ENGLATAILOR by GB”をスタート。
数多くの雑誌、ミュージシャン、俳優、タレントのスタイリングを勤める。

ACQUA
ACQUA aoyama
Rina Komuro 小室 里奈

Welcome to the New World.

日本を代表するヘアアーティストが率いる人気サロンによるステージ。
1サロン20分という限られた時間の中で、次々と華麗に生み出されるスタイルと、颯爽とランウェイをウォーキングするモデルの様子は、まさに圧巻の一言。観客は一瞬も見逃さないという緊張感で見入っていました。

Happenings

デザイン力に定評のある4サロンが集結。
Happeningsのタイトルどおり、演奏をしているオーケストラ楽団員のヘアカットが始まったり・・と見たことが無いような演出が繰り広げられ、創造力をおおいに刺激される、ヘアショーを超越したエキサイティングなステージになりました。

Coming-Up REAL tokyo Day-1

モードスタイルが支持される4名のヘアスタイリストと、ファッション誌などで活躍する4名のファッションスタイリストがプロジェクトを組み、オリジナリティのあるトータルスタイルを提案しました。 普段は見る事の無い、ファッションショーのバックステージ=ヘアや衣装のフィッティングを全て舞台上でライブで行うという試み。創造する楽しみを気づかせてくれるステージでした。

Noborder

国内外で注目される大林氏と本田氏、そしてMASA HONDA氏との親子競演も話題となった当ステージは、海外からのお客様も多く、ステージ開始前から観客の期待が伝わってきました。
性別、年齢、国、人種、時代など、全てのBorderを超えた先の「美しさ」。空気感まで緻密に表現されたクリエイティブかつゴージャスなステージに惜しみない拍手が送られ、感動した!との声も多く聞かれました。

Scissors Beat

音楽・ファッション・ヘアスタイルは、一体となってその時代を彩っている。ロカビリー、パンク、ビートニック、グラム、ニューウェーブ、エレクトロといった音楽の世界観とスピリットが、各サロン独自のメンズスタイルで表現されました。
メンズヘアのヘアショー、しかも理容サロンと美容サロンのセッションとあって、メンズヘアや理容への認識を新たにしたとの声も多く聞かれました。

SUB-CUL MANIA

世界から注目を集める、日本の「サブカル」。
日本を代表するトップサロンのクリエーションとサロンクオリティによって サブカルをアート、ファッションに昇華させる・・というテーマのステージは、 ハサミの音と足音とドラムのリズムセッションや、 アニメから飛び出したようなモデル、ディスコのお立ち台や原宿ホコ天を彷彿とさせる演出など、 各サロンの個性あふれる「サブカル」の表現で、楽しく、刺激あふれる スタージになりました。

NYLON × TWBC

人気ファッション誌「NYLON」で活躍するモデルと人気ヘアサロンがコラボ。ステージ上でモデルやスタイリスト自らが写真を撮影、その場でインスタグラムにアップしたり、さらに観客にも参加が促され、それが同時に会場にも流れるという、新しいスタイルのステージでした。
セグウェイやバルーンなどを使った遊び心あふれるワクワクするような演出や、最後には投稿された写真を見ながら出演者による解説があり、「刺激になった」「勉強になった」という声が多く聞かれました。

Coming Up REAL tokyo Day-2

モードスタイルが支持される4名のヘアスタイリストと、コレクションやファッション誌で活躍する4名のファッションスタイリストがTWBCでプロジェクトを組み、ジャポニズム、・・・・などをテーマに、オリジナリティのあるトータルスタイルを提案しました。
さらにその後、ステージ上で撮影と画像編集までも実施。作品ができあがるまでの「リアル」が、余すところなく表現されました。

I had a dream

『小さな頃から美容師になるのが夢だった』をテーマに、女性スタイリストによる女性ならではの「感性」を存分に発揮したスイートなステージ。
少女達によるスタイリングから始まり、スタイリストがそれを引き継ぎ 「作品」へ 仕上げていくという演出は、「夢を叶え」そして「次の世代に繋いでいきたい」という出演者の想いを表現し、優しさに満ち溢れたステージとなりました。

Get In Action

ステージ上で初めて会う14人のモデルをその場で数分でスタイルチェンジするという、「直感」「応用力」「技術」「知識」を兼ね備えた4名のヘアアーティストだからこそ可能なステージ。
初めてその場で出会ったモデルと向き合う先生方の姿、ロングヘアからベリーショートになっていくモデルの姿、最初から最後まで迫力満点のステージに魅了されました。4名それぞれの『経験』が直感力の原動力となって、とても見ごたえあるステージを創り上げていました。