たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました!
当日の来場者投票、及び審査員による厳正な審査の結果、各賞の受賞作品が決定いたしました。
審査結果を発表いたします!

Grand Prize 今田 夕稀さん



作品をクリックして拡大できます
■作品のタイトル:変転蔵のおかみさん
■作品のコンセプト説明 :
母親は忙しく、若い母親は夢に満ち溢れさらにいそがしい。そんな女性の夢を応援したい。
ビューティーサロンは美と癒しを求める場であり、小さな空間がふさわしいと考える。そこで移築した蔵を用いる。蔵は古民家ブームと言われる今尚取り残され、多い年で年間30 件解体される。この先蔵は無くなってしまうのだろうか?
そんな蔵を移築という方法によって維持していく。この提案は蔵と女性の夢を守る提案である。


Second Prize 持田 夏美さん

作品をクリックして拡大できます
■作品のタイトル:YUITOKO
■作品のコンセプト説明 :
未来の街に日本の「髪結い」が新しい姿で蘇ります。
「YUITOKO」は日本の伝統である日本髪を世界に発信するビューティーサロンです。髪結いの伝統風景を舞台装置の様に周囲から切り取る事で、今と過去がせめぎ合う時代の境界による新しい空間がそこに生まれます。
主なターゲットは日本に来た外国人。日本髪は海外でも認識されており日本をより楽しむためのファッションとしてその価値を提供します。

Second Prize 久保 貴史さん

作品をクリックして拡大できます
■作品のタイトル:Mirror-less Saron
■作品のコンセプト説明 :
「新しい鏡としてのモニター」
個人がメディアとなり双方向のコミュニケーションが
モニター画面を通じて行われる行為は、今後さらに加速すると思われる
画面はすでにソフトウェアによる画像加工や即時変換により
美しく、あるいは状況に応じて自由に変化することが可能になっている
多くの者はこの画像を通して世界と繋がっていく時代において
まさしくモニター画面こそが実像であり
我々の現実世界は虚像となってしまうのであろうか
むしろそのディティールを拡大し、つぶさに観察することで
スタイリングやスキンケアを極小の単位で調節することを可能にする
新しい鏡になるのでないだろうか
現実世界を1/1で映す鏡は必要なくなるのかもしれない。


Future Award

井上 恵一さん
堀 真美さん
beauty train1800

佐藤 日向子さん
salon de cinema / サロンでシネマ

永岑 和樹さん
空飛ぶ絨毯をモチーフにしたビューティーサロン


Effort Award

鈴木 俊彦
美 × 住宅

加藤 由里恵さん
SALON SCAPE

小倉 美貴子さん
See through SALON

安田 剛さん
旅するサロン 〜a trip of salon〜

第一次審査で選定された上位10作品は、TWBC2016会場(2016年10月3日(月)・4日(火) パシフィコ横浜)で展示し、一般投票、及び審査員による厳正な最終審査の上、グランプリ、準グランプリ 他 各賞を決定し、10月4日(火)同会場にて表彰式を執り行いました。

来場者による一般投票             ファイナリストセッション


受賞されたみなさんと審査員


募集要項はこちら

※掲載されている全ての画像、文章などの無断転用、転載をお断りします。

TAKARABELMONT